2017.05.29

平成29年度京都府高等学校総合体育大会登山 ★結果報告★

メンバー
CL西堀 SL北村 上田 杉本



京都府2位
でした。4点差で桃山には一歩叶わず・・・インターハイの夢に届く事は出来ませんでした
しかし、体力点ではどこにも負けていません。その自負をもってこれからの活動に向き合っていきたいと思います。

応援ありがとうございました。

追記 これにより、下庄先生が夏合宿に全行程同行できるようになりましたので報告いたします。

2017.05.29

5/4~5/6 鈴鹿春合宿2017

 メンバー
 3年 CL 西堀 SL 摩瀬、細野、北村
 2年 吉村、杉本、上田
 1年 森
 OB・コーチ 蛭田さん、中澤さん、眞野さん、
仙田コーチ
 顧問 庄司先生

 ルート
1日目 宇賀渓キャンプ場→小峠→石槫峠→竜ヶ岳→石槫峠
2日目 石槫峠→三池岳→中峠→釈迦ヶ岳→ハト峰→ハト峰峠→朝明茶屋キャンプ場
3日目 朝明茶屋キャンプ場→ブナ清水→国見岳→国見峠→御在所岳→国見峠→裏道→湯の山温泉


同志社高校山岳部史上初の山域での合宿でした。なので、ルート選定から苦労しました。島田コーチにもアドバイスを頂きながらルートを決めたのですが、交通手段が全然ない地域だったのでまず、アプローチに苦悩しました。苦悩の末マイクロバスという案が思いつきそれで行くことになりました。正直この案が思いつかなければ合宿が行えるか怪しかったです。バス会社ケイルック(一柳さん)さんに感謝したいと思います。

さて、1日目のテン場、石榑峠では水場を探すのに時間がかかりました。そのためタイムロスが出てきてしまいました。また、風も強くテントの設営にも時間がかかってしまいました。しかし、皆の幕営後、竜ヶ岳に登るんだ!と言う強い意志のため、なんとか全員で竜ヶ岳をの頂を踏むことができました。その後の料理は素早くできました。
2日目は、距離が長く皆の疲労のためテント場到着後全員の気が緩んでしまいました。そのため、またしてもテントを立てることなどの行動が遅くなってしまいました。2日目の幕営地、朝明茶屋キャンプ場は、非常に素晴らしいキャンプ場でした。次の日の予報も雨だったのでルートの変更の相談にも乗ってくださいました。朝明茶屋キャンプ場の方々ありがとうございました。
3日目は体調不良者も出ましたが、無事全員御在所岳に立つことができました。
合宿全体を通して各々の体力は着実に向上していると身をもって実感することができました。しかし、読図・パッキングに関しては、練習が必要だと感じました。特に時間の読みの甘さについは夏までに改善していきたいです。

先輩方が一度も行ったことのない山域での合宿だったので、全てを1から考えることになりました。このため、我々の活動は生徒主体なんだ!という実感が湧きました。また、各自の得意分野を活かせられているとも感じました。部員同士の意識・意見が食い違い時にぶつかることもありますが、支え合いながら夏合宿に向けて頑張っていきたいと思います。

最後になりましたが、来てくださったOBの方々、仙田コーチありがとうございました。
夏合宿に向けて基礎体力の増強やロープワークなどを頑張っていきたいと思います。
これからもご支援、ご指導よろしくお願いします。

摩瀬
IMG_5211.jpgIMG_5304.jpg
IMG_5308.jpgIMG_5307.jpg

Posted at 15:10 | 合宿 | COM(0) | TB(0) |
2017.05.29

小屋の現状について

小屋のトタン屋根が、雪の影響により正面右側が1枚飛んでいました。
なお、5月14日に大学山岳部の方、OBの方が修理機材をあげてくださいました。
報告のため写真を貼らしていただきます。

報告が遅くなりすみません。
IMG_5170.jpg20170529110627e67.jpg

Posted at 13:02 | お知らせ | COM(1) | TB(0) |
2017.05.29

4月22日~23日新歓合宿

メンバー

3年 CL 摩瀬 SL 細野
北村、井上
2年 上田、吉村、五坪、杉本
1年 三木、森
顧問 下庄先生

ルート

1日目 比良駅→大山口→北比良峠→八雲が原→広谷→小屋→細川越→武奈ヶ岳→細川越→小屋

2日目 小屋→広谷→八雲が原→北比良峠→大山口→比良駅


学力テストも終わりひと段落ついたので、毎年恒例の新歓合宿を行いました。今回は部長の西堀が不在だったため、代わりに摩瀬がCLを務めました。

今年は2名の新入部員に恵まれました。新入部員について簡単に紹介させていただきます。
・森陽心(モリ ヨウシン) 上級生に負けず劣らずの体力があり今後に期待
・三木悠生(ミキ ユウキ) 日頃の部活で積極さを見せ、部活に対しての真摯さが伝わってくる


1年生にパッキングなどをあまり教えられていないまま新歓を迎えてしまったため、ザックにまだ余裕があるのにマットなどを外付けしてしまっている子もおり、我々も自身の入部当初の頃を思い出し改めて先輩としての責任、自覚を実感しました。
今年の1年生も体力がありました。ですので非常にペースで登ることができました。2年生には先頭を歩いてもらい読図、ルートファインディングをしてもらいました。後輩達はイブルキのコバ、西南稜、小屋への道のりなど少しはわかってくれたかな…

広谷、細川越などには思いの外雪が残っており部員が雪から足を出せなくなるなどのトラブルもありましたが、無事小屋に着くことができました。広谷に雪が付いている状態での渡渉となったため少し手こずりました。

武奈ヶ岳の頂上にも立つことができ頂上からの小屋への直下ルートも確認しました。晩御飯の麻婆春雨も大変好評で良かったです。米は各自で持ってくることが絶対大事ですね、、

三年生の井上は今後、大学受験のため暫く来れなくなりますが最後の山行とてして楽しんでもらえたので良かったです。1年生も楽しんでくれていたと思いますし、自分も中学以来4年ぶりにCLとして楽しめました。
この新歓を通して改めて山岳部は個性の塊(いい意味で)だなぁとも感じました。1年生またこれからもよろしく!!

最後に、讃嶺岳会OB様各位、小屋を使わしてくださりありがとうございました。現状につきましては次回のブログにて報告させてもらいます。 摩瀬
20170529105528c73.jpgIMG_5302.jpgIMG_5303.jpg











2017.03.31

2017年  志賀高原スキー合宿

2017年 3月24日~27日
志賀高原 横手山・渋峠スキー合宿

 参加者 14名
      眞野 濱崎 西堀 北村 摩瀬 杉本 五坪 上田 高木駿
      OB:矢野 蛭田 宇野 高木

 無事に合宿を終えることが出来ました
ご協力いただきました志賀高原パレスホテル様
OG樺井さん、スキーコーチ石渡さん
OBの方々のお蔭です。
ありがとうございました。
(写真載せてますのでご覧ください)
高木
Posted at 14:32 | その他 | COM(0) | TB(0) |
1-