--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.02

コメントを募集

コメントが少なく、落胆しております。
つきましては「猿でもわかる」方法で、コメントの書き方を掲載しました。
コメントを書く入り口がわかりにくいのが、原因かもしれません。

入り口は右下の ” COM(0) ” です。
 ”0”はこの記事にたいするコメント数です。(現在、コメント数 0 です。)

下の画像を順番にクリックしてください。


コメントを書く、入り口

コメントを書く画面


同様の記事を同志社讃嶺岳会のホームページのお知らせに掲載しました。
よろしくお願いします。

同志社讃嶺岳会・お知らせ(コメントを書き込む)のページへジャンプ

管理者より
この記事へのコメント
山に入っている間、色々とお手をわずらわせ、有難うございます。
昨夜、遅く全員無事京都に帰りつきました。
3日、4日と快晴で、素晴らしい景色が見られましたが、残念ながら、当方のカメラ故障で写せず、後日他のメンバーからCDをもらって、ブログに載せます。
お楽しみに。
Posted by 事務局 at 2008.05.06 11:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
1-