--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.12.24

12月17〜18日小屋泊 武奈ヶ岳山行

メンバー
2年 西堀★(CL)、摩瀬(SL)
1年 杉本★、
3年 眞野、濱崎★
大学山岳部 生島コーチ、宇野コーチ、須見コーチ
★ 日帰り組

1日目
比良駅〜イン谷口〜大山口〜青ガレ〜金糞峠〜北比良峠〜八雲が原〜広谷〜小屋

2日目
小屋〜細川越〜武奈ヶ岳〜スキー場跡〜八雲が原〜北比良峠〜ダケ道〜イン谷口〜比良駅

そろそろお正月の準備の時期ですね。
私は、その前に気温の変化についていけてませんが…
初めて書かせてもらいます、2年の摩瀬です。今回は、12月17日、18日に行いました小屋泊山行について報告させてもらいます。

17日琵琶湖バレイオープンと思っていたのですが、19日に延期…(現在でも不安定な営業のようですが…)「雪が少ないのかな」と思っていましたが、しかし、イン谷口から、雪はついていて雪山に来たという実感を沸かせてくれました。広谷のあたりは、積雪40cmほどでした。トレースもない為、ラッセルが大変でしたが、雪の道を歩く、非常にいい練習になりました。広谷は、別世界にいるような感じでした。
今回は、レスキュー比良の方と合同で小屋にて宿泊することになりました。

2日目は、快晴の武奈ヶ岳に登頂しました。その後、スキー場跡で、雪上訓練を行う予定でしたが、雪の状態が、よくなかったためにピッケルでの、ミニ滑落停止訓練を行いました。乗鞍岳の春合宿の時以来でしたので、怪しいところもありましたが、きちんと思い出すことができました。
今回泊まりが、現役2人のみという結果になってしまいましたが大学生の実情、料理の作り方など人数が多い合宿などでは、しっかりと学ぶことができないことが、学べたと思います。

また、起床後1時間以内に、朝食を作るということも、達成することがでしました。雪での体力の消耗の激しさなども身をもって感じることができました。改めてトレーニングの大切さを感じることができました。
小屋に宇野和孝さんより、寄付して頂いた皿、おたまを置いておきました。テントもありがとうございました。大切に使わせて頂きます。

最後になりましたが、来てくださったOBの方々、小屋を建てて下さった高木さんをはじめとする方々に感謝したいと思います。

武奈ヶ岳頂上にて京都新聞の取材を受けました。この頃遭難事故が多いそうです。私たちも、体力、判断力、読図力の向上に励んでいきたいと、改めて感じました。記事につきましては、1月中旬に載るそうです。

1月からは、琵琶湖バレイの打見山にも行く予定です。それまでには、安定して営業してほしいと願うばかりです。
お読みいただきありがとうございました。
それでは、良いお年をお迎えください。
来年も、ご指導、ご支援よろしくお願いします。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
1-